img
ゲノム診断

予防医療は、ゲノムドクターの歯科医が行う時代です。

2016年、日本人の2人に1人はがんになる
厚生労働省の統計によると、平成18年に亡くなった日本人のうち、約3割にあたる33万6千人が"がん"が原因で亡くなっています。この数値は年々増え続けており、2016年には、日本人の2人に1人はがんにかかると言われています。

様々な不安と脅威

早期発見でも「がん」です
近年では、画像診断などにより、わすが5mm程度のがんも診断できるようになりました。早期に発見できれば、かなりの確率で治癒できるといわれています。

しかしながら、ある程度がんが進行している場合、治癒に際しては、過酷な肉体的苦痛、精神的苦痛、多大な経済的負担を強いられます。

また、5mm程度のがんが成長し、末期に至るまでの期間はおよそ1年~3年と短く、"治療の必要ながん"を見つけるだけでは積極的ながん予防とは言えません。さらには、一度がんにかかると再発の懸念が一生伴います。

がんは「治療」する時代から「予防」する時代へ
がんは「治療」する時代から「予防」する時代へ

「ゲノム遺伝子検査」は、血液に含まれる遺伝子情報を解析することにより、画像診断では発見できない微細ながん細胞の存在や超早期での「がんリスク」を評価することができます。

"がん"にかかれば、仕事や日常生活に支障をきたすだけでなく、手術や抗がん剤などのがん治療により身体は大きな負担を強いられます。

末病段階でのがんリスクをしっかりと把握することで、生活習慣や環境の改善、サプリメント摂取、免疫療法などの予防的アクションを行っていきましょう。

積極的ながん予防で過酷な闘病を回避することができます。


ゲノム遺伝子検査の流れ

当医院では遺伝子解析によるゲノム遺伝子検診システムを導入し、がんの早期受診の重要性とその成果を図る予防医療を推進します。

ゲノムドクター認定資格を持った当院長が、しっかりとカウンセリングいたします。

ゲノム遺伝子検査の流れ


24時間オンライン診療予約



デンタルオフィス郡山までのアクセス方法



郡山デンタルオフィスのトップページヘ


© DENTAL OFFICE KORIYAMA